外貨預金のメリット


外貨預金のメリットとしては、金利が高いことです。

日本円での預金では
預入金額や預入期間などによっても金利は異なりますが、
ほとんど利息がつかないような状況です。

金利が高めのネット銀行でも利子はあまり期待できない状態です。

一方で、外貨預金の場合は、
通貨により差があるため、
日本円での資産運用よりも利回りが良くなることがあります。

株式投資などのように
毎日値動きを追う必要がないメリットもあります。

外貨預金のほうが高金利を享受できる理由としては、
諸外国の金利が高すぎるのではなく、
日本の金利が低いからそのように感じるだけです。

また、国によっては、
金利を高く設定しても資金を調達したいと考える国があるからです。

好景気の国では、
経済発展やインフラ整備のために必要な資金を多く確保するために
高金利状態になっていることがあります。

世界経済が鈍化してしまい、
どの国も低金利になった場合には、妙味がなくなります。

外貨預金の場合は、 円から外貨に換えて預けることと
外貨から円に換えて引き出すことになります。

そのため、預入時よりも払戻時の為替レートが円安の場合であれば、
為替差益が得られるメリットが有ります。

ただし、日本円が円高の時に払戻した場合は、
損になるため注意が必要です。

ちなみにFXでも受けるために重要な要素として、
手数料が安い業者を選ぶことです。
おすすめのFXサイトにある業者は
全て売買手数料が無料、
そしてスプレット幅も業界最狭でオススメだそうです。