FXってなに?


金利

FXとはForeign Exchangeの略で、
日本語では外国為替証拠金取引と呼ばれています。

その名の通り証拠金を使って外国の為替、
つまり通貨を売買することで利益を得ることを目的とする取引です。

証拠金とは取引を仲介するFX会社に預けておく資金のことで、
この資金が尽きてしまうと取引を継続することができなくなります。

具体的な例を挙げると、1ドルが100円の時に、
証拠金から100円を使って1ドルと交換します。

これは100円を売って1ドルを買ったことになります。

そして時間が経ち、
為替相場が変動して1ドルが120円になったら
先ほど買っておいた1ドルと120円を交換します。

つまり、1ドルを売って120円を買うのです。

この二つの取引を合計すると、
出費は100円ですが収入は120円になり、
20円の利益が出たことになります。

これがFX取引なのです。

実際には手数料がかかるため20円の利益にはなりませんが、
こういった取引を1ドルではなく1万ドルといった大きな単位で行い、
為替差益を得るのがFXです。

大損にならないためにも、ロスカットがあるのが安心です。

もちろん万が一の保証ですがね。

現在では数多くのFX会社が営業しており、
初心者向けのセミナーなども開催されています。

そういったセミナーに参加したり、
実際の為替相場を使ったデモトレードを行うこともできるので、
試してみるとより理解が深まります。