なんでこんなに金利が違うの?


投資で儲けようと思ったらまずみてほしいのがこのサイト。
http://xn--fx-hi4arb4a1f7gv623b95fzla.com/

どの会社をどのように使って利益を出すのか、
やっぱり徹底的に比較をするほかありません。

このように投資に力を入れる人が増えている背景には、
日本の金利の悪さ、というものが一因となっています。

世界では各国によって、金利が違っている状況が生まれています。

日本ではほぼゼロであるのに対して、
オーストラリアやニュージーランドのオセアニアでは
金利が3%程度と高くなっています。

このように各国で金利に違いが生じている理由としては、
まず各国の景気の良し悪しに差があることが挙げられます。

国内景気が比較的良い国では、
政策金利は高く設定されることになります。

オーストラリアやニュージーランドでは、
資源や農産物の輸出が新興国向けなどで好調だったために
景気水準は高く維持されています。

そのため、
オセアニアでは利回りが他の国に比べて高くなっています。

しかし、国内の景気が落ち込んでいる場合は、
市場マネーを増やして景気浮揚を図るために
金利が下げられることなります。

現在、ヨーロッパ全体では景気が低迷をしていることから、
マイナスの金利を導入するようになっています。

最近ではマイナス0.2%から、
さらにマイナス0.3%にする政策変更がなされています。

このようにヨーロッパでは、
従来にはなったマイナスの政策を推し進める状況が生まれています。

また、金利の違いが生まれる要素として、
国の信用の違いが挙げられます。

新興国であるブラジルやトルコなどでは、
国の信用が低いために利回りを高くしないと
外国からの資金流入が期待できない状況があります。

そのため、やむをえず利回りを高くして対応をしています。