各国の政策金利の決まり方


金利

それぞれの国には中央銀行と言う物があります。

その銀行が一般的な普通銀行に対して
融資をする時に適用される金利の事を政策金利と呼びます。

中央銀行によって行われる金融政策の一つとなっており、
それによって景気が左右される事は少なくありません。

ただ、その金利に関しては
中央銀行が適当な数字を考えて決めているという訳ではありません。

前述した様に金融政策の一つとなっているので、
その金利の決まり方には景気が大きく影響しています。

基本的には景気が良い時には高く設定されます。

これによって預貯金や各種ローンの金利も上昇する事につながり、
通貨の市場での流通を抑える効果が期待出来ます。

反対に景気が悪い時には低く設定されます。

勿論、この場合は各種金利も低下する事になるので、
通貨の流通を促進させる働きが期待出来ます。

従って、政策金利はその国の景気動向などにも
大きく影響を及ぼす物として理解すると良いでしょう。

この様に、中央銀行では政策金利を設定して
市場における通貨の流通などを調整しています。

ただ日本やアメリカなどの場合は
政策金利の引き下げを行う余地がないのが現状となっているため、
その代わりの措置として量的緩和政策が行われているのが現状です。


おすすめサイト